古代世界

※マップ名、()内のキャラ名は、ファイル名・内部名からの引用、もしくは適当
※戦闘可能キャラの詳細データおよびドロップについては「古代世界の戦闘可能キャラ」を参照

象徴者 スダマオウ
副象徴者 流転傀儡
火の番

古代集落(古代入り口)

古代世界の入り口。
宝石交換所、武器合成&解除屋、心療所が存在し、ランダムで土産物屋も現れる。
ドクジンは色毎に独立して会話アイテムをくれる。
土産物屋の品揃えは2パターン存在し、ランダムでどちらかになる。

劫初の石を持ってる場合、合成がしたいわけでなければ、合成屋には話しかけないよう注意。
解除屋についても同様。
心療所の左隣の部屋内部にある意味深な石碑はラッキーローゼポイント(⇒その他のキャラクター)。

心療所の詳細

  心傷値低下 必要片 身体低下 精神低下 腕力~精神力低下
10 1000 10 5 3
5 500 5 3 2
3 100 3 1 1

登場キャラクター

古代住人 ⇒ 煎り豆
ドクジン ⇒ 晴天虫
ノッテンカ
(土産者)
(ラッキーローゼ)
(店の左右の人形)

行き先

ブドウ川洞窟
スダマ遺跡
古代橋

ブドウ川洞窟(洞窟)

内部名は単に「洞窟」。
巨大な葡萄ようなものがなっている。
グレープジュースのような色の川が流れており、ランダムで船(見た目的には舟だが、公式表記では船)が着岸している。
船には縮状態で乗る事ができる。

登場キャラクター

ギヤギアラーダ ⇒ ビーダマ
樹木子 ⇒ 猫ミイラ人形
(船)

行き先

コトダマ祭壇
斜め林(樹海世界)

コトダマ祭壇

内部名は「A祭壇」。
各種コトダマアイテムが飾られている。
右側は全て再生のコトダマの姿だが、かつてのVerで存在した終焉のコトダマも同じ姿をしている。
コトダマオウジを撃破するか、黄色いイムコ(イムコ2)に喧嘩を売る事で警備イムコ(イムコ特殊)に包囲され、黄泉送りにされる。

登場キャラクター

コトダマオウジ
イムコ
(イムコ2) ⇒ 万癒のコトダマ or 治癒のコトダマ
(警備イムコ?)
(白い少女/W子)
(船)

行き先

黄泉

スダマ遺跡・宝物庫

内部名は単に「遺跡」だが、画像ファイル名では「スダマ遺跡」となっている。
台座の宝を取ると変化が起こる。宝を戻すと戻る。
火の番を撃破すると、宝を正面から堂々と持ち出せるようになるが、火の番は副象徴者であるため、淵藪ENDを目指す場合は撃破してはいけない。

登場キャラクター

火の番 ⇒ 石のマッチ
壁画兵
ツキモノ
さすらいコック
(台座) ⇒ 御霊の宝

行き先

タイムトンネル
工場(街世界/ショートカット)

タイムトンネル(?)

近未来的な埴輪や鳥居が点在しており、移動速度がかなり落ちる。カンリシャ未入手の状態で無理に通行する必要は無い。

内部名は、通路部分が「電脳つなぎ通路」、古の守の居る部屋が「守遺跡」、流転傀儡の居る部屋が「遺跡裏部屋」となっている。
流転傀儡と人形のパーツは古代世界に分類されているが、古の守とマップBGMは電脳世界に分類されている。
(BGMが電脳世界に分類されている以上、マップ自体は電脳世界に属している可能性が高いが、古代世界の副象徴者が登場するため、こちらで紹介している)

おまけ要素情報


登場キャラクター

流転傀儡 ⇒ デジタル時計
古の守(緑)
古の守(青)
古の守(黄)
古の守(赤)
(台座) ⇒ 人形の頭、人形の胴、人形の腕、人形の脚

行き先

スダマ遺跡
タイムトンネル前(電脳世界)

古代橋・祭壇前

長い和風の橋。
ここで非道を重ねて行くと段階的に変化が起こり、最終段階では(暗くて解り辛いが)祭壇の入り口上部の顔が変化、この状態で祭壇へ入ると黄泉へ飛ぶ。
最終段階になる前に祭壇に入ったり、鳥居の外に出たりすると段階がリセットされてしまうので注意。
また、最終段階にさえなれば黄泉へは行けるので、それ以上の非道は不要。

登場キャラクター

イムコ
(祭壇の入り口上部の顔)

行き先

スダマオウ祭壇
黄泉

スダマオウ祭壇(祭壇)

人形パーツを全て集めた上で台に話し掛けると、象徴者スダマオウが出現。
内部名は単に「祭壇」。

登場キャラクター

スダマオウ ⇒ スダマオウ

行き先

ヤヒクラゾーン(不開世界で紹介)

黄泉広場(黄泉)

古代世界の追加情報エリア。通称「地獄」、内部名は単に「黄泉」。
撃破数50以上+戦闘モードでオニの行動が変化、勝利すると黄泉通路へ行ける。
コトダマ祭壇から黄泉送りされた際、魔喰人領域が発生し、そこに放り込まれる。
魔喰人を撃破する事で脱出できるが、負けるとイベント&ステータス減少のペナルティが発生(修羅の塔でも同様のイベントが起こるが、あちらが先に実装された)。

オニは赤と緑でドロップアイテムが異なっているが、撃破数50以上では上記仕様のため、同時に回収ができない。
片方を倒して丁度撃破数50になるよう計算して来れば、ドロップアイテムも回収できて黄泉通路へも行けて効率的。
また、これに加えて難易度「難しい」の場合、どこでもセーブが出来ないため、ドロップしなかったら橋のイベントからやり直しという大変しんどい事になる。

亡者のドロップアイテムについては、Ver.0.3にて社長が売ってくれるようになったため、あえてここで集める必要は無くなった。

登場キャラクター

オニ(赤)
オニ(緑)
亡者
ニエテンカ
魔喰人
喰奴
(目と口の有る柱)

行き先

黄泉通路

黄泉通路

参り手形を持っていない(または赤い本を持っている)とムスビが出現、このムスビは赤い本でも無ければ倒せない。バトルが4段階まであり、専用BGM付き。
内部名は指定されていないが、修羅の塔へ通じる似た通路は「修羅通路」とされている。

登場キャラクター

ムスビ[舟]
ムスビ[舶]
ムスビ[艟]

行き先

黄泉ひな壇

黄泉ひな壇

美術館を兼ねている。
お内裏様かお雛様に喧嘩を売ると、プラエセンスら黄泉3姉妹との戦闘になる(負けイベントらしい)。

ここのムスビは形態変化もせず、普通に撃破できる。
ムスビとは黄泉巡り1回につき2体までしか戦えないため、ドロップアイテム集めが大変だったが、Ver.0.6では裏社長が売ってくれるようになった。

登場キャラクター

ムスビ[舟] ⇒ 青い金属片
プラエセンス
プラエテリトゥム
フトゥールム
(お内裏様) ⇒ 劫初の石 or 万癒のコトダマ
(お雛様) ⇒ 劫初の石 or 万誕のコトダマ
(アイテム星) ⇒ よくわからないもの or ルアー or お料理券 or 片塊 or 劫初の石 or シンカノカテ(器用)
(五人囃子)
(石碑)

黒い少女エリア[古代ver.](宝物庫【裏】)

専用BGMが付いており、黒い少女エリアの中では珍しく明るく幻想的な雰囲気となっている。
内部名は「宝物庫【裏】」だが、ここの宝は持ち出せない。

登場キャラクター

(黒い少女/B子)

世界の目次


  • 最終更新:2018-07-07 17:11:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード