主な履歴

※(?)付きのものは情報が不確か

Ver.0.00(2010/8/2)

  • 公開

Ver.0.03(2010/10/31)

  • マイルーム(仮)登場

Ver.0.05(2010/12/30)

  • タイトルの壁紙が変化(色和紙状⇒修羅石版的)

Ver.0.06(2011/2/11)

  • 助っ人登場(?)

Ver.0.07(2011/4/6)

  • 難易度選択実装
  • 修羅登場(?)
  • ドーピング連打禁止(ドーピングアイテムを使う毎にメニューが閉じてしまう。Ver.Vで解禁)

Ver.0.09(2011/7/15、制作率90%)

  • 良END、普END、心傷END実装
  • 主人公の戦闘グラフィック登場

Ver.V(2011/11/3、制作率100%)

  • 修羅の塔、修羅END、心傷値リセット機能、周回機能実装
  • 制作率が108%まで有る事が明かされる
  • 「過ごし方について」に代わり「探求の書」が登場
  • ドーピング連打解禁

Ver.V-2(2011/11/9)

  • 不開以外の副象徴者本体登場

Ver.W(2012/1/13、制作率104%)

  • ヒトヤ、キフォス、ローゼローゼ、裏樹海、コトダマ祭壇、ヒュドール屠殺イベント実装。巨大天狗骨図消失
  • クイーンver.とツツクラver.の特殊能力お披露目
  • 特技に対する身体防御と精神防御の影響、および主な属性実装
  • セーブ枠が15に増量
  • 一括ダウンロード化(以前は10個くらいに分かれたファイルを全てDLする必要があった)

Ver.[2012/2/9](完結)

  • 少女シリーズ、心傷END特殊イベント、黒い少女エリア、幻虚(あおのエリア)の周辺エリア実装
  • 不開の副象徴者本体登場

Ver.[2012/3/25]

  • ここで一旦「最終修正版」とされた

2012/4/13頃

  • タイトルに「~淵藪記~」が加わる

Ver.[2012/5/10]

  • 助っ人ミタマノver.登場

Ver.0.1(2012/8/25)

  • 戦闘中の象徴変化解禁
  • 「終焉のコトダマ」に代わり「再生のコトダマ」が登場
  • 「副象徴者」という呼称が公式化

Ver.0.2(2013/2/7)

  • ???END実装
  • ラッキーローゼ登場

Ver.0.3(2013/3/17)

  • 入手アイテムの明示(以前は、貰った際に出る吹き出しは殆ど全て同じで、アイテム種が増えて来ると何が増減したか確かめるのが一仕事となった)
  • エンディング名変更(良⇒淵藪、普通⇒平行。???ENDの名称も明らかに)
  • 「万誕のコトダマ」登場(再生のコトダマは再誕のコトダマに改名)
  • アイテムの並びが変化(世界別⇒機能別)
  • 深海最下層や廃墟汚濁など、幾つかのエリアでのメニューオープンの解禁
  • 社長が仕事を始める(同時に、裏街に黒い社長が出現、こちらはVer.0.6で仕事を始める)
  • 会話アイテムが、一度の潜入でランダムで複数個×複数回貰えるように
  • アイテム星がマップに入る度に復活

Ver.0.35(2013/3/21)


2013/8/1

  • M-256氏訳の英語版公開(作者公認。ピクチャ内の文字までしっかり翻訳処理がなされている。M-256氏は、ゆめにっき派生作品「Me」「Somnium」の作者でもある。ただ、OFF派生wiki等によると、権利関係の侵害が問題視されているらしく、同氏による別の作品にはしどのこも無断出演させられているらしい…)

Ver.0.5(2013/11/16)

  • ファイル選択画面における、難易度&身体&精神の表示(従来は確認のためにロード+αする必要があった)
  • 敏捷が幾ら低くても、少なくとも一定確率で逃走可能に
  • 装備画面で上下するパラメータの色表示化

  • 最終更新:2015-11-20 20:07:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード