マイルーム(仮)の管理人

  • マイルーム(仮)の各部屋を守る者達。計8人
  • 「管理人」「MR管理人」「マイルーム管理者」「部屋の番人」とも表現されている
  • 撃破すると消え去り、対応する部屋が使用可能になる。これについて、付属テキストにでは「それぞれの部屋を使用するには部屋の番人の許可を得なくてはなりません。己の力を示し自分のモノにしましょう」と表現されている
  • 戦闘開始の際には剣と盾の吹き出しが現れ、象徴者戦と同様、素手で挑むとしどのこの拳に闘争本能(⇒武器)が宿る。いずれの管理人との戦いにおいても逃走が可能
  • サブボス撃破数(⇒エンディング条件)16以上で再び出現し、2形態目を披露。この場合は吹き出しが黒字に赤のものとなり、逃走不可の戦闘となる。また、オーバーキルダメージを与えても、必ず形態変化が行われる。(これを便宜上2戦目と呼んでいるが、未撃破だった場合はいきなりこの状態となるため、厳密には2戦目になるとは限らない)
  • 1戦目・2戦目共に、撃破しても心傷値・撃破数は増えず、片もドロップも無いが、2戦目についてはサブボス撃破数が増える
  • 2形態目は全員、一定ターン経つと「外道制裁」を使用。強制戦闘不能技であり、防戦闘不能効果では防げない
  • 各々、2つの特技を持っており、1つは2形態目で使用する
  • B1の管理人はBGMが共通しているが、B2の管理人は各々独自のBGMになっている。BGMはヒミツのジュークボックスに収録されている
  • シュールレアリズム(?)的なデザインのキャラクターが多め。B1の管理人は名前が目の数となっており、スカートらしき服装をしている。B2の管理人には、共通した特徴は見られない
  • 修羅の塔5Fの修羅が、順番に対応する管理人(英雄の背とファントムを除く)の特技を使用する。同修羅は、対応する順番の象徴者の姿も持ち、管理人と象徴者の接点となっている

ヒトツ

  • 土産部屋の管理人
  • モノアイ
  • 特技は「霊冷塊」、2形態目では「大霊酷寒」も使用。いずれも凍結効果があるため、1番手という位置付けではあるが、防凍結が無いと1番の難敵かもしれない。通常攻撃のエフェクトも氷系のものとなっている

フタツ

  • 衣装部屋の管理人
  • 2つの目は縦に並んでおり、ヒゲらしきものが生えている。ハットをかぶってお洒落にキメている
  • 特技は「錆寂の風」、2形態目では「朽無の風」も使用。通常攻撃のエフェクトも風系のものとなっている
  • 衣装部屋を守っているため、2戦目も必ず衣裳部屋の機能抜きで挑まなければならず、威力↓対策がないと厄介。防能力↓が無い場合は、治癒のコトダマで治すのが効率的

ミッツ

  • ゲーム部屋の管理人
  • 小柄で、よだれかけのようなものを着用している
  • 特技は「マジカルスパーク」、2形態目では「パララスパーク」も使用。パララスパークは名前の通り電気系エフェクトの麻痺効果付き攻撃技だが、マジカルスパークは光系エフェクトの回復技となっている。通常攻撃のエフェクトも光系

ヨッツ

  • 音楽部屋の管理人
  • 戦闘グラフィックでは横顔のみをみせており、目が2つだけに見えるが、マップ上ではちゃんと4つの目を見せている。横に並んだ2つの目が、口の上下に1組ずつある形
  • 特技は睡眠効果を持つ「フレグランス」、2形態目では能力低下効果を持つ「アシッドスプレイ」も使用。通常攻撃のエフェクトは花系キャラクターと類似のものとなっている

英雄の背

  • 撃破部屋の管理人
  • 管理人で唯一、名前がカタカナ表記ではない
  • 白目が黄色い尾の生えた人の姿のキャラクターが四つん這いになった上に、抽象画的なトウガラシのようなキャラクターが乗っているというシュールな姿をしており、名前もまた謎を呼ぶ。マップ上での姿は二足歩行状態の下の人の姿となっている
  • 2形態目必見
  • 特技は自身の物理攻防を強化する「武勇陣」。2形態目では、変身直後、および能力低下状態の時に「逆境リベンジ」も使用

メダイヨン

  • 心傷部屋の管理人
  • オッドアイで膝立ち、両腕が異形となっている
  • B1での配置や、目らしきものの数からして、8番目の管理人であるかのように思われがちだが、実は6番目
  • 管理人の中で唯一、2形態目で分裂する
  • 特技は、自身の物理・精神双方の攻防を強化する「バイリンガル」。2形態目では、戦闘不能技「ソウルハント」も使用。ソウルハントは常に先手で発動するため注意。戦闘不能技使いであるという点は、順番的に対応する象徴者であるアンヤオグナと共通している
  • 似た姿をした「メダイヨソ」というキャラクターが、2012年4月頃、pixivにて発表されている。メダイヨンとは違い、瞳の色は両目とも赤で、手は普通にヒトのものと同形。殺し屋からサングラスを奪い取り、それを自らの片胸部に装着する

ファントム

  • 道具部屋の管理人
  • 特技は、器用をアップする「命中精度調整」
  • 2形態目では飛行する上に、防ぎようのないオーバーキルダメージ技「ヘッドショット」を使用して来るため、管理人の中でも群を抜く異様な強敵となっている。Ver.0.1になるまでは復活アイテムが存在しなかったため、特に苦戦を強いられた
  • 飛行時は回避率100%となり、通常攻撃は一切当たらない上、精神防御・物理防御も最大となり、衣裳部屋の特技も通用しない。ただ、ファイナルミサイルでは平常通りにダメージを与える事ができ、助っ人の特技でも不思議とダメージを与える事ができる
  • 飛行するターンが決まってるのと、修羅の塔を目指すなら火力は必要になって来るので、飛行するまでに倒せるくらいに火力を上げてしまうのも有りかもしれない。ヘッドショットの命中率は50%で、一時期よりはだいぶ下がっているため、運で凌ぐのも手。技名からして頭防具で対策できそうだが、そういう仕掛けは存在していない
  • 器用↑効果は、ヘッドショットの命中率には影響せず、元々オーバーキルなダメージを割り増す程度の影響であるため、命中精度調整は殆ど演出的なものとなっている

次作関係


メリック

  • 武具部屋の管理人
  • 特技は、回復と同時に火力上昇も行う「ディアフォース」。2形態目では、相手全体の身体を1、精神を0にしてしまう「ライトナ・ブロット」も使用
  • 2形態目は泣いてるようなポージングをしているが、顔面に原形が見られず、ぐしゃぐしゃな感じ(?)になっている

みんなの考察など

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2018-06-30 01:12:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード