ヒトヤ

  • 難易度「難しい」限定の戦闘可能キャラクター。計4人。通称「ヒトヤ族」。Ver.Wで登場
  • 会うにはまず、難易度「難しい」+サブボス撃破数(⇒エンディング条件)32以上に加え、マイルーム(仮)の道具部屋をコンプする事によって得られる「シュラ」が必要
  • 全員、何かしらの要因により目の部分が確認できない
  • 普通に撃破できるが、一定ターン経つと「憑子」(⇒イベント)が発生して無敵化し、間もなく強制戦闘終了技「獄獄囚獄獄」を発動するので、それまでに決着を付ける必要がある
  • 撃破すると、マイルーム(仮)の撃破部屋の壁の修羅ケダ型のレリーフが点灯。この点は四修羅(?)と酷似するが、四修羅(?)とは異なり、出現は1Fの世界に集中している
  • ヒトヤのエリアへ行ける地帯では、難易度「難しい」の場合、シュラONの状態では出る事が出来ない。また、出現条件が揃う事で空気が変化、ヒトヤを撃破すると元に戻る
  • 4体とも倒すと、修羅の塔でテレオ・ヒトヤが登場するが、それ以上の変化は見られず、修羅ゲートにも登場しない。あくまで一つのイベント・キャラクター・考察要素として、任意に楽しむものという形となっている
  • 「ひとや」は日本語として存在し、罪人を閉じ込めておく牢屋を意味する。漢字では「囚獄」「獄」と書き、これらは強制戦闘終了技「獄獄囚獄獄」の中にも見られる

オドロ・ヒトヤ

  • 街世界にて登場。裏街の道路広場から会える
  • お刺身と劫初の石をくれる
  • TVの前を通過しようとするとモヤモヤする(キノコ状態の場合はなぜかTVが反応)
  • 戦闘ではTVも参戦。2種類のニュースを放送し、オドロ・ヒトヤが倒れても稼動し続ける
  • 目の部分は前髪で隠れている
  • Ver.0.1までは、撃破後のマップ上で、亡霊化したような姿が見られた

ヒモ・ヒトヤ

  • 樹海世界にて登場。セルル雪原のかまくらから会える
  • かき氷と劫初の石をくれる
  • ヒモ・ヒトヤのエリアは、他のヒトヤのエリアと異なり、それ自体には普通に出入りできる
  • 常に後ろを向いている。加えて、マップ上では前を向いている時は旗で顔が隠れる

ヤユ・ヒトヤ

  • 電脳世界に登場
  • ミニモノリス群エリアにて、ミニモノリスのゲーム(ヤユダンジョン)をクリア後に会える
  • 巨大な警備ロボ「警備ロボ[EX]」と、警備ロボ[mk-Ⅱ]の強化タイプ「警備ロボ[mk-Ⅱ´]」多数を伴い、4人の中で唯一ドクロ吹き出し戦闘となっている
  • 縮尺の問題で詳しい姿は見えない
  • 4人の中で唯一、マップ上では姿を見せないが、実はVer.0.1の時点ではマップ用グラフィック(ゲーム中では未使用)が存在していた

シジマ・ヒトヤ

  • 廃墟世界に登場
  • 赤い小部屋の、修羅ケダマークがちりばめられている方から行ける迷路の仕掛けを解く事で会える
  • バーガーと劫初の石をくれる
  • 「シジマ・キューブ」という発光物体を伴う
  • アイマスクかゴーグルのようなものをしている
  • こちらの象徴を強制的に変化させて来る
  • シジマ・キューブは、シジマ・ヒトヤに一定以上ダメージを与えると色合いが変化、ブロックアウトで助っ人を退場させる
  • 迷路を解くには、特定の場所で引き返す事がポイント

テレオ・ヒトヤ

  • 以上4人を撃破する事で、修羅の塔の最上階の、トゥリッタ直前にて出現
  • 修羅のケダモノを中心に4人が融合したような姿で、全員目の部分が見えるようになっている
  • Ver.0.2にて、パーツ毎に行動して来るギミックが実装された

みんなの考察など

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2018-07-07 12:35:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード