その他のサブボス(?)

※詳細データは「戦闘可能キャラ」の各ページを参照
※並びは修羅ゲート準拠

  • サブボス(⇒エンディング条件)に該当する者の内、「副象徴者」「四修羅(?)」「MR管理人2戦目」以外をここで扱う。修羅ENDを目指すにあたって、少なくとも4体は撃破する必要がある
  • 象徴者や副象徴者同様、撃破すると(周回しない限り)復活しない
  • 全員倒す必要は無く、倒したとしても特に変化は見られない
  • 副象徴者とは異なり、世界毎の登場数は統一されていない
  • 倒す事で修羅ゲートに登場するようになる者も居れば、登場しない者も居る
  • 固有のドロップを持たないキャラクターは「特殊住人」とも表現されている
  • ジュークボックスにおいては副象徴者と象徴者の間という位置付けとなっているが、修羅ゲートにおいては象徴者と修羅の間の位置付けとなっている
  • アスラ・オニロevo(⇒四修羅(?))が変身する姿全8種の内の6種は、これに該当している

━━目次━━

街関係

しんかのけもの

  • 街世界の裏街の店内のアイテム星を取ろうとする際、ランダムで出現
  • 先制攻撃を仕掛けて来るが、御霊の宝を持っていれば反射できる
  • こちらのステータスを下げる(ドーピングと逆効果)「搾取補充」という技を持っている。ターン経過と共に顔面に刺さった薬物を消費し、全て消費し終わるとこの技を発動して薬物を補充する
  • 確実に出現させる方法は知られておらず、裏街自体にも、廃墟からのランダムで行く方法しか知られていないため、難易度「難しい」では異常に会い難い
  • サブボス撃破数に関わらず積極的に攻撃して来るキャラクターの中では唯一、サブボス撃破数に含まれる。つまり迎え撃ってしまうと淵藪ENDでは無くなってしまうため、何気に要注意キャラである
  • 色違いの姿をした「ヤマピカリャー」というキャラクターが存在。樹海世界にて、ショートカットを使わずに裏樹海に入り、そのまま裏斜め林の↑から出ようとすると、猫の声と共に出現。しんかのけものより強めで、沖縄語の技を使うが、サブボス撃破数に関与せず、何度でも出現。しかも「劫初の石」を落とすため、劫初の石を集めるのに格好の獲物となっている
ドロップ 10000片
修羅ゲート 登場する
夢中変化 オニロ・ビースト

超力奇械・テンカオー

  • 5種類のテンカ(⇒その他のキャラクター)を撃破する事により、街世界の工場の一室にあるオブジェクトが鼓動を始め、挑戦が可能となる。戦闘は亜空間的な部屋で行われる
  • 2形態目では名前が「超力奇械・テンカオー真」となり、ネガ・モノクロ化したような配色にネオンのような効果が付いた姿となる。ファイル名では「テンカオーテスト」となっている
  • テンカを撃破するのは若干手間であるが、テンカ撃破の情報は周回で引き継がれるため、一度会えるようになってしまえば、以降の周では最も簡単に会える部類のサブボスとなっている
  • テンカ関係は主に古代世界に分類されているが、こちらはキャラ・BGM共に街世界に分類されている
  • 使用技は、「天下英雄球!」→「天下英雄熱血球!」→「天下英雄熱血可憐球!」→「天下英雄熱血可憐天晴球!」→「T・E・N・K・A・球!!」の順で強力となる
  • この中では唯一、変身時に「警告」が表示される
  • 1形態目のBGMは、実はツツクラの1形態目のものの簡略バージョンとなっている
ドロップ 10000片
修羅ゲート 登場する
夢中変化 オニロ・マシーン

廃墟関係

あおのしょうじ

  • 廃墟世界の幻虚(雨の降る所)にて、心傷値26以上に加え、絵の通路の仕掛けを響によって作動させる事により出現
  • 5つの形態を持ち、形態変化を重ねる毎に、法術属性と異界属性の攻撃を無効化・更に吸収するようになって来る
  • 最終形態+(1形態目の時点から)30ターン経過で演出発生
  • 修羅ゲートでは廃墟世界に分類されるが、ドロップ「あおのしょうじのおの」は特別枠に分類されており、登場するエリア周辺の音楽も特別枠になっている
  • 特技の「拒砕」「%虚」「拒&」は異界属性(⇒主な状態異常・属性)となっている
  • 「あおのしょうじのおの」は、修羅武具の合成素材となる唯一の副象徴者以外のドロップ
  • 内部的にはよく「あおの」と略される
  • 似た容姿の「いわいべいちこ」(⇒その他のキャラクター)というキャラクターが、修羅の塔で出現

次作関係

ドロップ あおのしょうじのおの
修羅ゲート 登場する
夢中変化 オニロ・デフォーミティ

深海関係

ヌシ

  • 深海世界の、泡が追いかけて来るエリアにて、廃墟へ通じる道を裏側から入る事によって行ける場所に居る
  • 石ころ禁止の表示がある池のような所を、石ころを持った状態で調べると、しどのこは石ころを投げてしまい、戦闘となる
  • 一定ターン凌げば戦闘終了。あまり勝った気はしないが、撃破扱いとなっている。似たものに負傷竜(⇒その他のキャラクター)戦があるが、あちらは逃走扱い
  • 撃破後、カイテンカの所の白紙の絵にそのシルエットが浮かび、魚拓状になる
  • 既定のターンが来るまでは基本的に不死身だが、赤い本の力があればターンを待たずに撃破する事も一応可能
  • BGMは、実は黄泉3姉妹のものと同じ
ドロップ ヌシの玉
修羅ゲート 登場しない
夢中変化 オニロ・スピリット

空想関係

ネコ大王

  • 空想世界の滝の扉の奥に居る。モノアイのゴーグルのようなものをしている
  • 食べ物のおすそ分けをしてくれる(料理アイテムをランダムでくれる)
  • 2形態目では、こちらの象徴状態に応じて異なる技を使用して来る
  • 確認できる限りの全てのキャラの中で唯一、実は変身時に身体・状態異常が回復せず、上手く行けば非常にあっさり撃破できてしまう

次作関係

ドロップ 純粋なわた
修羅ゲート 登場する
夢中変化 オニロ・グレート

古代関係

コトダマオウジ

  • 古代世界の、ランダムで岸に着いている舟に乗る事で行けるコトダマ祭壇(?)にて出現、喧嘩を売ると先制攻撃して来る
  • マップグラでは人形の姿をしているが、戦闘になると助っ人の戦闘グラが顔の部分に据えられたモザイク状の姿となる。助っ人との関係は不明
  • 倒すと黄泉送りイベント。回避法は不明
  • スダマオウと同様、言霊狩りと言霊吸収を行う(共食い?)。他にも、古代世界絡みのキャラクター(古の守、火の番、流転傀儡、ドクジン)の技を使用
  • 完結版で登場(マップ上にはVer.Wから?)
ドロップ 劫初の石
修羅ゲート 登場しない
夢中変化 -

不開関係

ハカセ

  • 不開世界の研究室に居て、一定ダメージを与えると「ジッケンタイ」が駆けつける
  • 普通に話しかければ「不浄ドロップ」か「禁忌団子」をくれる
  • 固定住人の中では唯一、ドロップが確定ではなく、しかも非常にレア度の低いドロップである
  • 空想世界のロケット発射場ではホログラムが出現
  • ジッケンタイと酷似した姿のキャラクターに「リョウサンガタ」が存在しており、街世界の工場に複数出現
  • ハカセの研究室のオブジェクトは土産としても登場し、「気分はマッドサイエンティスト」とされる

次作関係

ドロップ よくわからないもの(80%)
1000片(ジッケンタイ)
修羅ゲート 登場しない
夢中変化 -

マイルーム(仮)関係

ミニゲーム主人公

  • マイルーム(仮)にあるミニゲーム「AMATANO -if-」の主人公で、名前は本作中では不明
  • サブボス撃破数16以上で戦闘可能キャラとしても登場(⇒イベント)するが、この時名前は「***」となっている
  • マイルーム(仮)の音楽部屋では、ヒミツのジュークボックスを聴いている際、人形がこのキャラクターを模したものとなる

次作関係

ドロップ -
修羅ゲート 登場しない
夢中変化 オニロ・アンノウン

  • 最終更新:2018-07-05 22:26:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード