しどのこ

※各象徴者ver.については「象徴者」を参照。
※特技の詳細は「特技」を参照

  • 本ゲームの主人公
  • 白めの人型に、ちょんまげのようなポニーテールのようなものが生えた姿。顔や服は確認できないが、2016/2/7にpixivにて発表された「描いてもらう用しどのこ」においては、「ポンチョみたいな布」(水色で縁が金)と「赤い鎖の付いた腕輪」を装着している
  • 戦闘グラフィックは、中央にレンズのようなものが有る四角形(◇)状の形を取る
  • その拳は普段はどの武器よりも弱いが、大切な時には「闘争本能」(⇒武器)が宿り、通常の武器よりも強力な威力を発揮する
  • 特技は主に、他のキャラクターのものを流用する形となるが、ツツクラ戦終盤でのみで見せる「児禊」は「しどのこ特技」となっている
  • ファイル名では、変身時の姿や戦闘グラフィックも含め、単に「主人公」と表現されている
特技 児禊
初期ステータス 最大身体: 100
最大精神: 20
腕力: 10
器用: 10
敏捷: 10
精神力: 10

変身と各種モード

  • 象徴者を倒す事で得られる同名のアイテムを使用する事で姿が変化し、象徴に応じた能力を使えるようになる。このようなアイテムは「象徴アイテム」、この変化は「象徴変化」と名付けられている。象徴アイテムは全8種であるため、素体を含めて9種類の姿に変身ができる
  • 象徴変化とは別に、マイルーム(仮)の衣裳部屋でも4通りの姿に変身(着替え?)できる。素体・象徴変化と併せると、13種類の姿に変身できる事となる
  • 象徴アイテムと似た働きをするものに「修羅のケダモノ」(⇒その他のキャラクター)と「シュラ」が有り、象徴変化とは独立して、「戦闘態勢」のON/OFF、「修羅化身」のON/OFFを行う事ができる。これらは姿の変化は伴わない
  • エンディングにおいては更に別の姿で登場する事もある

象徴変化

  • 各象徴者をライトにしたような姿となり、戦闘グラフィックは象徴アイテムのアイコンの姿となる
  • 象徴に対応した各3つの特技が使用できるようになる。更に、特技欄で選択できる特技とは別に、探索で役立つ特殊能力も追加される
  • クラス(職種、肩書き)は「(象徴者名)ver.」となり、同時に各種耐性も変化。耐性は素体時よりも全体的に強化されるが、象徴者の弱点に当たるものの耐性はむしろ下がってしまうので注意(詳しくは後の「耐性」という箇所を参照)
  • 象徴変化は戦闘中でも可能(Ver.0.1で解禁)。ただ、マイルーム(仮)周辺においては、象徴変化しようとしても不発する
  • 象徴変化した姿には、素体のしどのこの面影は見られず、どちらかといえば象徴者の別形態のような姿となっている。淵藪ENDにおいては、これらの姿が素体のしどのことは別に登場する

戦闘態勢

  • クイーン撃破直後にアイテムとして入手できる破壊衝動のカタマリ「修羅のケダモノ」を使用する事によってなる態勢。住人達に襲い掛かる事ができるようになる。この変化は「【会話】が【戦闘】に変わる」と表現されている。もう一度同アイテムを使う事によって解除される
  • これを利用すれば、住人の名前と詳しい姿を確認する事ができ、本ゲームの大きなお楽しみ要素となってる。同時に、物語的にはしどのこがこの態勢になれる事にどういう意味合いがあるのか、大きな考察ポイントとなっている

衣裳部屋での変化

  • 姿の変化と特技の取得を独立で行う事ができる。特技は全8種の中から、好きなもの4つを自由に選択できる。姿も特技も、象徴変化すると解除される
  • 姿を変えた場合、クラスが「MR強化ver.」となる。更に名前も、姿に応じて「ザフのこ」「アマのこ」「しど番」「しどラチア」と変化する
  • 衣裳部屋を機能させるためのアイテムは全4種で、ザフラ、アマビエ、火の番、スクラチアのドロップとして得られる(4人とも副象徴者)。固定住人系のドロップは通常、周回時に消失してしまうが、これらについては持越しが許されている
  • 象徴変化で解除されるため、不思議世界においては運用が難しいが、マイルーム(仮)周辺でも利用できるため、マイルーム(仮)周辺において威力を発揮する
  • MR強化ver.にならずに特技だけを覚える事もできるが、各種耐性が強化し、素体の時に比べてだいたいの特技のダメージを半減できるので、ついでに変身もしておくと良い。4種類の姿の間での耐性は共通なので、その辺は好みでOK
  • 象徴変化とは異なり、顔の見えるキャラクターに変身した場合でも顔は確認できないままであり、素体のしどのこがコスプレしているようにも見える。戦闘グラフィックは、素体時の色合いが変化したものとなる。アマのこの時には浮遊しているが、この特徴が生かされる事は無い
特技 シードスピア
無想廻花
妖陣防壁
ラルヴァコード
魔火力増大
業火葬
炬火
削装落魄

修羅化身

  • アイテムコンプする事で入手できる「シュラ」を使用する事で、象徴状態に関わらずこのクラスとなり、現在の特技に更に特技が加わる
  • 修羅化身状態では、各種耐性も象徴状態の時に比べても全体的に大幅強化されている(ただ、プレイする上では気にする必要は無いが、象徴によっては一部の耐性が修羅化身にならない方が強く、修羅化身になれば完全に上位互換、というわけには行かない)
  • 発動中は、右上に回転するシュラのアイコンが表示されており、発動中か否かが簡単に判断できるようになっている。Ver.0.09ではしどのこが黒い電撃を身に纏う(ハイパーマッシヴねこと同様)という表現がされていたが、不都合な現象が起こるためか廃止された
  • 象徴変化と異なり、戦闘中でのON/OFFは依然できないので、ONのし忘れに注意
  • 「修羅」と名は付くが、修羅のケダモノの時とは違い、住人の反応に変化は見られず、いつも通りにアイテムを貰う事ができる。ただ、特定のエリアにおいては、この状態で出ようとすると修羅マークが出て弾かれる。そして条件によってはヒトヤの居る世界に飛ばされる。この状態でのみ発生する戦闘も存在
  • 特技「言霊戻し」は、Ver.Vまでは唯一の戦闘復帰手段であり、これ無しで修羅の塔を攻略するのは至難の業であった。現在は「黒いページ」の完全下位互換であり、黒い本を所持している状態の時では、ただの特技欄の肥やしとなってしまう
  • 特技「遍照撃」は撃破数に応じて強くなる特殊な技であり、撃破数を簡単に確認する事ができる便利な技でもある。これを使う他のキャラクターは、修羅ENDのボス「テレオ・トゥリス」(⇒その他のキャラクター)のみが確認されている
  • 修羅化身状態になる事で覚える特技は「シュラ特技」とされている。ただし、他の特技の場合とは異なり、「シュラ」という名のキャラクターは本ゲームには登場せず、クラスはシュラver.でなく修羅化身である
  • シュラのアイコンは、しどのこ素体時の戦闘グラフィックのほぼ色違いで、周囲のギザギザが鋭くなり、修羅のケダモノの配色となった感じの形を取っている
  • 音楽部屋の人形の修羅の塔ver.は、シュラのアイコンを顔に貼り付けた姿をしている
特技 言霊戻し
遍照撃

その他の姿

  • 淵藪END、平行END、???END、およびキフォスに喰われた際のイベントでは、潜水服のようなものの上に白衣のようなものを着た姿で登場(ただ、特に海外では、しどのことあの人物とは別人と解釈される例もしばしば見られる。カンリシャとの相似もしばしば指摘される。ファイル名では「主人公ED」となっている)
  • ???ENDにおいては、淵藪END等における姿のままでの戦闘となる。この時名前は「No.09」という、武器の「No.9」とほぼ同じ名となっており、戦闘グラフィックは円状となっている
  • 心傷END特殊イベントでは、緑色の服を着た黒髪の人物の姿で登場。しどのこと同様の髪型をしている

しどのこと似た姿の者達

  • 赤いしどのこの姿をしたキャラクター(通称「血どのこ」)が出現するイベントが幾つか有る。大抵はしどのこを喰う
  • ???ENDでは、トゥリスの仮面を被ったしどのこのような姿をした「№XX」という者が登場。その直前にて、釘を刺されたしどのこのような姿をした人形らしきものが見られる
  • トゥリスの姿はしどのこに似ていると良く言われる
  • 心傷ENDでは戦闘中に、しどのこのバトグラが暗くなったようなバトグラの者達が味方側に出現、名前が「----」、状態が「№--」となっており、同士討ちをする
  • エンディングにおけるツツクラが、しどのこに似ていると言われる事が有る(但し、グラフィック名は「ツツクラ本体」となっている)
  • 心傷ENDの際などに心傷部屋の中央の部屋に現れるキャラクター(ファイル名「使い魔」)も、白っぽい人型にちょんまげが生えてるようにも見える

次作関係


耐性

※象徴変化したしどのこの耐性であり、戦う相手としての象徴者の耐性ではない
※状態異常や属性についての詳細は「主な状態異常・属性」を参照

属性

※50%なら受けるダメージが半減し、-100%なら倍増
※相手の通常攻撃には影響しない
ver. 物理 法術 異界
素体 -50% -50% -100%
クイーンver. -50% 0% -100%
オユタリver. 0% -50% -100%
カンリシャver. 0% 0% -100%
イメロキオクver. 0% -50% -50%
ミナワメーアver. -50% 50% -100%
アンヤオグナver. -50% 0% -100%
スダマオウver. 0% 50% -50%
ツツクラver. 50% 50% 0%
MR強化ver. 0% 0% -50%
修羅化身 0% 0% 0%

状態異常

※60%ならば、60%の確率で回避できる(逆に言えば、40%の確率でかかる)
ver. 戦不 硬直 幻惑 沈黙 錯乱 睡眠 麻痺 技封 ア封
0% 40% 20% 20% 20% 40% 20% 20% 0% 20% 0%
20% 80% 20% 20% 0% 40% 20% 20% 0% 20% 0%
20% 80% 80% 20% 20% 0% 20% 80% 0% 20% 0%
20% 0% 20% 20% 20% 80% 20% 20% 0% 20% 20%
20% 40% 60% 20% 20% 40% 20% 60% 0% 20% 0%
20% 40% 0% 20% 80% 40% 20% 20% 0% 0% 0%
20% 40% 20% 20% 20% 40% 80% 0% 0% 20% 0%
40% 60% 60% 60% 60% 60% 60% 60% 0% 20% 0%
60% 60% 60% 60% 60% 60% 60% 60% 60% 60% 60%
MR 20% 40% 40% 40% 40% 40% 40% 40% 20% 20% 20%
60% 80% 80% 80% 80% 80% 80% 80% 60% 60% 60%

ver. のけ 氷結 寄生 縛頭 瘴毒 猛麻 悄頭 失輝 能↓
0% 20% 20% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 20%
20% 20% 20% 0% 20% 20% 20% 20% 20% 40% 20%
20% 80% 20% 20% 20% 40% 40% 40% 40% 40% 20%
20% 60% 20% 60% 20% 40% 40% 40% 40% 40% 20%
20% 80% 20% 80% 20% 40% 40% 60% 40% 40% 20%
20% 20% 0% 0% 20% 20% 20% 20% 20% 40% 20%
20% 20% 20% 0% 20% 20% 20% 20% 40% 20% 20%
80% 60% 20% 60% 40% 40% 60% 60% 40% 60% 20%
100% 60% 60% 80% 100% 60% 80% 60% 80% 60% 40%
MR 40% 40% 40% 20% 20% 40% 20% 20% 20% 20% 40%
80% 60% 60% 80% 60% 60% 60% 60% 60% 60% 80%

みんなの考察など

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

関連リンク


  • 最終更新:2018-07-05 23:30:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード